東京都豊島区 商業ビル 漏水調査と工事②

前回、漏水箇所の大まかな当たりを付けたので、今回は掘削調査を行う為、深夜に再訪問しました。

事前に内装屋さんにお願いしていた養生です。

完璧に道路側とを隔離してくれていますので、安心して掘削できます。
我々の出入りができるよう、簡易ドアまで付いています。

御影石に沿ってカッターを入れます。

養生で粉塵が外に舞う事はありませんが、作業用の掃除機で吸いながら作業を行います。

斫り機を使って、掘削します。

漏水.net

タイルを剥がし、その下のモルタルも掘削していきます。

掘削したモルタルをどけていると。

漏水.net

その下から防水層が出てきました。
これは困ってしまいました。
これ以上掘り進めると、雨が降った時など踊り場に水が掛かった場合、階下へ漏水してしまいます。

掘削している場所の下はというと…

漏水.net

変電設備があります。
この中に漏水して、万が一ショートなどしたら大事故です。

さてどうしたものかと思案中、何やら音が聞こえます。

漏水.net

前回の昼間の調査時は、都会の喧騒で気付きませんでしたが、深夜のシーンとした中で微かに音が聞こえました。

音が聞こえる道路との境の敷地側を掘削してみます。

ビンゴでした。

漏水.net

破損した給水管から、水が噴き出しています。

破損箇所を詳しく見たいので、一時的に水道メーターで止水して確認します。

漏水.net

バールの先で指し示していますが、ここの塩ビ管が割れています。
そして、面倒な事にその上に水道本管から水道メーターまでの給水管がクロスするように配管してあります。
ここから水道メーターに向かい、戻すようにここへ配管しているようです。

水道本管からの給水管が修理する際に邪魔になってしまいます。
また、修理する為に身体を入れるスペースを設けなくてはなりません。
とてもこの狭い隙間から手を伸ばして作業するのは無理です。

スペースを作るには、踊り場には防水層があり掘削できないので、道路を掘削するしかありません。

道路を掘るのは、公道であれば当然自治体の許可が必要です。
勝手に掘るわけにはいきません。

深夜でしたので状況をオーナー様へ連絡し、掘削した箇所を仮補修して終了しました。

漏水箇所を特定できたのは良かったですが、場所が悪かったです。

後日、改めてビルオーナー様と相談し、道路の掘削は避けて、引き回し工事で対応する事になりました。

飲食店に限らず、関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。