漏水.net | 東京・神奈川・千葉・埼玉の漏水(水漏れ)調査・漏水(水漏れ)工事!

漏水(水漏れ)とは

漏水とは、水道管(給水管・給湯管)から水が漏れる現象のことを指します。
目に見える範囲や、シューという音が聞こえる場合は、すぐに気づくことができますが、埋設されていたり、隠ぺいされている箇所では、何年も気づかない例もあります。

漏水(水漏れ)による損失

漏水している状況は、漏れた分の水道水も使用しているのと同じであるため、知らないうちに余計な水道料金を支払うことになってしまいます。
水道局から、前月の水道料金より何万円も高い請求書が届いたという例は珍しくありません。
※漏れた分の水道料金の一部を減免できる場合もございます。

漏水(水漏れ)の特徴

漏水は今より悪くなることはあっても、勝手に良くなることはまずありません。
今月の水道料金より、来月の水道料金の方が高くなる場合がほとんどです。
漏水量は日に日に増加するものとご理解いただき、漏水に気づいたらすぐに対処することをお勧めいたします。

漏水(水漏れ)しているかどうかの見極め

漏水しているかもしれないけど、どうすればいいの?

漏水しているかどうかを簡単に調べる方法は、水道メーターの中にあるパイロットを確認することです。
蛇口などを完全に閉めて、水道を使用していない状況にもかかわらず、パイロットが回っている場合は、漏水している可能性が非常に高いと思われます。
※漏水調査の間は、水道を使用できない時間が発生しますので、あらかじめご了承ください。

弊社による漏水(水漏れ)調査方法

どういう調査をするの?

■漏水箇所の特定
濡れている箇所がないか、水漏れの音がしていないか、蛇口やトイレのタンク等の器具から漏水していないかを確認します。

■音調調査
音調棒を使い、水音を聞くことにより、漏水箇所を特定していきます。

■耐圧試験
各止水栓を閉めた状態で圧力をかけます。
圧力が下がれば漏水している可能性が高いです。

■その他の調査方法
状況により敷地内を掘削しての調査、一部壁や床を剥がして調査する場合もございますが、その場合は事前にご了承を得たうえでおこないますのでご安心ください。

漏水(水漏れ)調査の経験・技術

漏水調査は、水道屋さんならどこでもいいのでは?

漏水調査は、水道工事の中でも難易度が高く、知識や経験を必要とします。
漏水調査を受け付けていない水道屋さんがたくさんいらっしゃることが、それを証明しているのではないでしょうか。
弊社では、漏水調査をメインにおこなうメンバーが、調査からその後の工事にいたるまで担います。
いずれのメンバーも、漏水調査の経験が長く、一年中漏水調査をおこなっておりますので、ご安心ください。

漏水(水漏れ)していた場合の修繕方法

■軽微な工事
蛇口などの器具の破損による漏水の場合は、部品や器具本体を交換することにより修繕が完了します。
破損した部品や器具本体の持ち合わせがある場合、近所のホームセンターや水道管材屋などですぐに調達できる場合であれば、その場で修繕が完了します。

■中規模な工事
給水管が破損しており、一部(1~2箇所程度)を交換したりする作業。
当日その場で修繕できるかは、状況次第となります。
修繕金額も軽微な工事より高くなるため、お見積りした上で修繕するかどうかをご判断いただきます。

■大規模な工事
・漏水箇所を特定するには、大きく建物を壊さなければならない。
・漏水箇所がたくさんある。
・給水管が全体的に経年劣化を起こしており、今回修繕してもまた別の箇所から漏水する可能性がある。
これらの場合は、給水管の引き直し工事が必要になり、その場での修繕ができません。
また、工事金額も高額になるため、お見積りした上で修繕するかどうかをご判断いただきます。

■漏水量が多く水浸しの状態で困っている
漏水量が大量な場合や、漏水が室内で起こり電気機器が濡れてしまうなど、緊急を要する場合は、水道メーターに設置されている止水栓を閉めれば漏水は止まります。
ただし、水道全体が使用できなくなるため、日常生活に支障が出てしまいますので早めにご相談ください。

漏水(水漏れ)調査・修繕工事の対応地域

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県(一部地域を除く)

 

※ご質問やご相談など、お問合せをお受付しております。
➡️お問合せはこちら