埼玉県さいたま市 飲食店S様 漏水調査と工事①

埼玉県さいたま市の飲食店S様より、カウンター席に漏水しているので見に来て欲しいとご連絡いただき、訪問させていただきました。

カウンター席正面のレンガの隙間から漏水しています。

厨房側に回って確認します。

漏水位置の裏側にシンクがありました。

シンクの蛇口に繋がる給水管(鉄管)がピンホールして、水が噴き出していました。

給水管の根元という、ちょっと嫌な場所からの漏水です。
また、鉄管がかなり錆びて腐食しており、ちょっとした力で折れてしまいそうです。
万が一、作業中に折れた場合、お店の営業に支障が出てしまいますので、無理は禁物です。

本日はアーロンテープを巻いて応急処置を行いました。

アーロンテープは、給水管や給湯管に巻くと一時的に止水できる魔法のようなテープですが、錆びた鉄管などは隙間が空いてしまうので、そこまでの止水効果はありません。
また、今回は鉄管が折れそうな状態の為、力強く巻く事もできませんでした。

正直なところ、気休め程度の応急処置になってしまいましたが、一応止水はできているので、少し時間は稼げそうです。

ちなみにこのアーロンテープ、弊社ではほとんど使用しません。
理由としては、その場で給水管を直す事ができれば、使わずに済むからです。
こう見えて、結構なお値段もします。

ただ、例えば24時間稼働の工場の給水管から漏水した場合、露出部で見えていて直すのも簡単だけれど、工場の稼働を止められないというような時には有効かもしれないですね。

少し大がかりな工事になりそうなので、工事のお見積もりを提出する事になりました。

次回は、工事の様子を投稿させていただきます。

飲食店に限らず、関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。