東京都世田谷区 飲食店S様 漏水調査と工事①

東京都世田谷区の飲食店S様より、ビルオーナー様より給湯管から漏水しているのではないか?と指摘されたので調査して欲しいとご連絡いただき、訪問させていただきました。

到着して詳しくお聞きすると、ビルオーナー様の知り合いの設備屋さんが既に調査を行ったとの事。
しかし、それをそのまま鵜呑みにする事はできませんので、我々でもしっかりと調査を行います。

まずは、水道メーターを確認。

漏水.net

パイロットがクルクル高速回転しています。
結構な水量が漏水しています。

給湯器の場所を教えていただきました。
屋外の外壁に設置されています。

漏水.net

給湯器の止水弁を閉めたところ、水道メーターのパイロットの回転が止まりました。
これで給湯管から漏水しているという事が確定しました。
別の言い方をすれば、給水管からは漏水していない事になります。

水道管の漏水調査の基本は、まず給水管と給湯管のどちらで漏水しているかを見極める事になります。

次に、給湯器からの給湯管が建物内に入るまでと、どの位置から入っているかを確認。

建物内に入るまでは壁を露出して配管している為、ここで漏水していれば目で見てわかります。
漏水していないので、漏水は建物内という事になります。

続いて給湯管が建物内に飛び込む位置ですが、1Fの床から少し上の辺りです。

漏水.net

建物の中へ移動し、飛び込んだ反対側を探します。

漏水.net

ありました(すいません、ちょっと画像では分かりにくいのですが、黒い給水管の右側にフレキ管に隠れています)。

建物内に飛び込んだ後、すぐに厨房内の床下に入っています。
ここでも見えている箇所では漏水していないので、床下で漏水している事が確定しました。

漏水箇所が床下の為、部分的な補修はできません。
工事が必要になりますので、今後の工事の為の調査を行います。

給湯設備の数と、引き回すルートに障害物等が無いかを確認。

給湯設備は1箇所、2箇所、3箇所、4箇所…..あれ?4箇所です。
給湯の蛇口3箇所と食洗器1箇所の計4箇所。
設備屋さんの話によると、3箇所との事…。
どれか分かりませんが、1箇所拾い忘れていますね…。

こういうケースがありますので、我々で調査せず結論を出す事は絶対にしません。
自分達の目で見て確認するのが、一番信用できますからね。

これで工事の方法と、材料が割り出せました。
その後、工事のお見積もりを提出いたしました。

次回、漏水工事の様子をアップいたします。

飲食店に限らず、関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。