東京都八王子市 漏水調査②

前回のブログでは、漏水箇所を特定したと思ったところ、「何か」を見つけてしまったところまで書きました。

今回は、その続きを書きます。

冷蔵庫の裏に見つけてしまったものは…

ここだけ、給水管が土間に入っているんです。
厨房内に、埋設の給水管が存在するという事になります。

土間に入った先を追いかけて行くと


パントリー内の手洗い器・シンク・製氷機だけに、埋設から立ち上げて配管されていました。
なぜここだけ埋設にしたのでしょうか???

1つの店舗に2つの水道メーターから水を供給している事も含めて、色々と事情がおありだったものと推察されます。

この埋設部分で漏水していないかどうかの調査が必要になります。

埋設される前の給水管を探して、切り離してゲートバルブを設置。
埋設部だけの水を止めてパイロットを確認したところ、パイロットは回り続けていました。
この埋設された箇所での漏水は無い事が確定しました。

結果的に最初の見立てと同じで、水道メーターから天井に配管されるまでの間のどこかでの漏水でしたが、このように変わった配管をしているケースもあるので、細部まで確認する事が重要ですね。

漏水している場所的に、ビル側と店舗側の責任範囲の問題が発生しそうです。
もし店舗側のご負担で工事を行うにしても、引き回すルートなどの工事方法をビル側と協議する必要がある為、一旦漏水調査の報告書を提出し、その後の協議状況を見守る事になりました。

責任範囲は契約書に明示されている場合もありますので、我々が何か言及する事は無く、待つ事しかできません。
ただ、このような時は工事をするまでに長い時間を要す事が多いですね。

関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。
webによる無料診断のページもございますので、こちらも併せてご活用ください。

© 2022 漏水.net