東京都大田区 商業ビルT様 ビル漏水調査②

前回は、東京都大田区の商業ビルT様よりご依頼いただいた、漏水調査の途中までを書きました。

今回は、漏水原因が何だったのかを書きたいと思います。

給湯器からもう少し先に進むと。

漏水.net | rousui.net | 給湯器の先を進む
エアコンのドレン排水が垂れ流しになっていました。

左側の隣のビルのドレン排水も垂れ流しになっています。

漏水.net | rousui.net | ドレン排水が垂れ流し
こちらは滴り落ちるほど垂れ流しになっています。

その先は、隣のビルのダクトが隙間一杯に設置されていました。

漏水.net | rousui.net | 隣のビルのダクト
ここから先は調査ができません。

念の為、右隣りのビルとの隙間もチェック。

漏水.net | rousui.net | 右隣のビルの隙間をチェック1 漏水.net | rousui.net | 右隣のビルの隙間をチェック2
ここにも給湯器がありましたが、漏水はありませんでした。

まずはドレン排水の為の排水路を作って、それでも漏水が止まらないのであれば、ダクトの先を調査するしか無いですね。

隣のビルのエアコンも、ドレン排水が垂れ流しになっていますので、隣のビルとの協議が必要になるかもしれません。

エアコンのドレン排水は、地域によって汚水・雨水の取り扱いが違いますので、それぞれの自治体の取り決めに従って欲しいのですが、垂れ流しはマズいですね。

東京・埼玉・千葉・神奈川のマンション(アパート)、戸建て(一軒家)、店舗、事務所、工場など、漏水(水漏れ)の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。
安心の水道局指定工事会社が、土日祝日も対応させていただきます。

© 2022 漏水.net