東京都港区 漏水調査と工事②

前回のブログで、漏水調査を行い、漏水箇所の特定までを書きました。

今回は、工事の模様をお伝えいたします。

工事はまず、漏水調査を行った際、プラグを打つ為に一時的に切り離した箇所を元通りに繋ぎ直して復旧し、保温材を巻き直します。

厨房系統の給水管を分岐し、散水栓へ結びます。

水道メーターから先、すぐのところで、厨房系統と散水栓系統が分岐していましたので、散水栓系統だけを切り離し、厨房系統のみに配管し直します。
(散水栓は、厨房系統から水を供給する形となります)

改修した給水管に保温材を巻きます。

少し時間をおいてから通水をかけて、水道メーターのパイロットが回らない事を確認。
お店の方にもご確認いただき、工事完了です。

今回は埋設部での漏水でしたので、水道料金の減免申請書を提出していただきます。
1年分は無理かもしれませんが、払い過ぎた分の水道料金が後日返金される事と思います。

この減免申請は、指定工事店だからできる事ですので、漏水量が多い場合は、必ず地域の水道局指定工事店に登録されている会社に工事の依頼をする事をお勧めいたします。

関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。
webによる無料診断のページもございますので、こちらも併せてご活用ください。

© 2022 漏水.net