東京都港区 漏水調査と工事①

東京都港区の中華料理店様より、1年近く前から水道料金が高騰し、これまで不動産屋さんとやりとりをしてきたそうですが、一向に解決しないとの事で訪問させていただきました。

1階に水道メーターがあり、パイロットが回っておりましたので漏水が疑われます。
店舗は3階建ての3階にあり、水道メーターから外壁に沿って、建物の外から配管されておりました。

水回りはトイレと厨房、少し離れたところにバーカウンターがあり、小さなシンクが設置されております。

漏水.net | rousui.net漏水.net | rousui.net漏水.net | rousui.net

室内の水回りは以上で、目に見える範囲での漏水はありませんでした。

お店の方にご案内いただき、屋上庭園に散水栓がある事を教えてもらいました。

漏水.net | rousui.net

室内の給水管とは全く別の場所にあるので、系統が別になっているかもしれません。

散水栓の給水管を上から辿っていくと。

漏水.net | rousui.net
漏水.net | rousui.net

外壁を伝って下に。

そして、ゴミ庫の中へ。

漏水.net | rousui.net漏水.net | rousui.net

最後にゴミ庫の床へ入って、その先は埋設されています。
散水栓だけの為に、変わった場所から配管されていました。
散水栓を後付けし、この為に配管したものと推測されます。

漏水箇所を特定する為、系統を切り分けて調査します。
厨房系統の給水管を、一時的に切り離します。

漏水.net | rousui.net

プラグを打ちました。

漏水.net | rousui.net

この状況で水道メーターを確認したところ、パイロットが回りませんでしたので、ゴミ庫を経由した散水栓系統の給水管で漏水している事が判明しました。

また、目に見えているところでは漏水は確認できない為、水道メーターからゴミ庫の床から出てくるまでの間の埋設部で漏水している事になります。

漏水箇所の特定とその根拠をお店の方へお伝えしました。
約1年懸案だった漏水原因が、ものの1時間で特定された事を非常に感謝いただきました。

この仕事をやっている醍醐味ですね。

漏水箇所を改修方法とその金額をお店の方にお伝えし、ご了承いただきましたので、すぐに作業を行いました。

少し長くなりましたので、工事の状況は次回のブログにてご紹介いたします。

東京・埼玉・千葉・神奈川のマンション(アパート)、戸建て(一軒家)、店舗、事務所、工場など、漏水(水漏れ)の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。
安心の水道局指定工事会社が、土日祝日も対応させていただきます。

© 2022 漏水.net