東京都文京区 マンションZ様 漏水調査と工事

東京都文京区のマンションZ様のオーナー様より、マンションのお部屋から階下に漏水しているとご連絡をいただき、訪問させていただきました。

お部屋を確認させていただくと、既に床に点検口が開口されていました。

漏水.net

オーナー様自ら開けたそうですが、場所も給湯管が分岐している箇所が見えており、ピッタリの場所です。

点検口が無い場合、このように床材を切って開口しませんと床下が確認できない為、漏水調査もその後の工事もできません。
開ける場所がポイントなのですが、給水管・給湯管の位置を示した図面が無かったり、図面と違う場合もあり、ピンポイントで開けられない場合もあります。

点検口から、漏れている箇所を確認。

漏水.net

少し見にくいですが、給湯器から延びた給湯管をお風呂とキッチンに分岐しており、お風呂側の給湯管から漏水しておりました。
このマンションの給湯管の材質は銅管で、早いと5年位で漏水した例がありました。
最近のマンションの新築現場では、あまり使用しなくなっている材質です。

漏水箇所が特定できましたので、ここまでで漏水調査は終了です。
文章にしていると簡単に見えましすが、ここまでで30分以上かかっています。
今回はあらかじめ点検口が開いていましたので、通常ですともっとかかる計算になります。

オーナー様に現状をご報告し、そのまま工事を行う事になりました。

お風呂側の給湯管を切断。
銅管からポリブテン管への変換継手を使用し、ポリブテン管をお風呂側へ配管。

お風呂の蛇口のお湯側に接続して新しい配管作業は完了です。

作業後、耐圧テストを行い、工事した箇所および別の箇所で漏水していないかを確認。
最後に、お風呂とキッチンのお湯が出る事を確認して完了です。

今回はマンションにおける典型的な漏水パターンでした。

マンションに限らず、関東地方の戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。