神奈川県横浜市 飲食店D様 漏水調査と工事②

前回の記事 では、漏水調査までを説明しました。
今回は、工事の様子を説明させていただきます。

前回の漏水調査後、工事のお見積もりを提出し、その後工事のご依頼もいただきましたので、再度訪問しました。

前回の漏水調査で漏水個所として判明した右側の給湯管を切り離して新しい給湯管(ポリブテン管)に切り替えます。

壁に沿ってひたすら配管していきます。

時にはこんな格好をして(笑)

漏水.net

簡単に動かせない厨房機器の裏などは手を突っ込んで作業します。

配管後、それぞれ給湯設備に接続していきます。

接続後、念の為水道メーターのパイロットを確認し、漏水が止まった事を確認しました。

接続した蛇口にお湯が出るかを確認。

接続した蛇口等の給湯設備に問題はありませんでした。
新しく配管した箇所からの水漏れも無い為、工事は完了です。

飲食店での工事は、厨房機器や設備などがそのままの状態で作業を行う為、その部分で少し大変な面があります。
また、営業中は工事が無理なので、定休日や営業終了後の深夜に作業を行う事もあります。

飲食店に限らず、関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水の疑いがありましたら「漏水.net ( rousui.net )」へお気軽にご相談ください。