神奈川県川崎市 飲食店S様 漏水調査と工事

神奈川県川崎市の飲食店S様より、天井から水が垂れてくるとご連絡いただき、訪問させていただきました。

水が垂れてくるという厨房をご案内いただき、調査を行うと、

電気の配線、立ち下がっている給湯管、コンセントなどを伝って、複数箇所から漏水しています。

天井内で漏水が起きていると思われますが、このままでは中の様子が分かりません。

点検口を探しましたが、ちょうど良いところに無かったので…

漏水.net

周辺をブルーシートで養生して、ギコギコとのこぎりで天井を開口します。

点検口を1箇所開けた後、天井内を確認し、作業に必要なもう1箇所も開口しました。

点検口から天井内を確認すると…

漏水.net

給湯管(銅管)から漏水を確認。

そしてもう1箇所、

漏水.net

ここからも漏水していました。

天井の複数箇所から水が垂れていたのは、こういう事だったんですね。

しかし銅管からはよく漏れます…

簡易的な修繕の為、お客様のご了承をいただき、その場で工事を行いました。

給湯器でお湯を止めます。

漏水.net

給湯管の漏水の場合、お湯だけ止めることが出来るので、作業中もお水は使えます。

給水管の場合は、水道メーターで止める事が多く、その場合全ての水が使用できなくなってしまいますので、漏水調査当日は工事ができない事もあります。

漏水していた箇所を切り離して、

架橋ポリエチレン管を使って改修しました。

工事個所が隠ぺい部なので、念の為耐圧テストを実施します。

漏水.net

圧力が下がらない事を確認しました。

漏水.net

漏水箇所が問題無く修繕されて、給湯管の他の箇所にもにも漏水の無い事が確認できました。

もちろんお湯は出ます。

漏水.net

でも、念の為の確認は重要です。

これで終わりではありません。

開口した天井をベニヤ板で仮復旧しました。

現場は厨房です、衛生面を考えたら、開口した箇所をそのままにしておくなど考えられません。

復旧した箇所を、見た目もキレイにしたい場合は、内装屋さんなどに本復旧してもらっています。

内装屋さんをご存じなければ、ご紹介もさせていただきます。

その際は、遠慮なくご相談ください。

ご要望があれば、開口する時に点検口としてハッチなどにする事もできますよ。

(別の現場で点検口に改修した画像です)

見た目もそうですが、今後も天井内を確認したい場合、自由に開け閉めできるのが良いですね(現場の素材などによってはできない事もありますので、まずはご相談ください)。

今回は、何とかお店の営業開始前に終わらせることが出来ました。

終わらせなければいけない時間が迫っていると焦りがちですが、焦るとミスや怪我につながります。

できれば時間に余裕をもって工事したいのですが、店舗の場合はそうもいかない場合が多いです。

飲食店に限らず、関東地方のマンション、戸建て、事務所、店舗、工場など、漏水や水漏れがありましたら「漏水.net ( rousui.net )へお気軽にご相談ください。